こんにちは♪08年8月1日 ♪パピヨンとアメリカ生活♪を改めまして、今日もルンルン♪ という名前でリニューアルしました
これから少しずつ改良していくつもりです。 よろしくお願いします☆

2008年02月03日

7年は長い短い?

こんにちは!

画像の整理をしていたら・・・
2001年3月15日に撮ったパピちゃんの写真がでてきました。

パピは、2000年9月11日生まれなので、ちょうど1歳半の
写真です。

残念ながら3枚しか見つけられなかったのですが、
その中の2枚をドゾ・・・

DSC00043.JPG
白髪もないワン!


DSC00041.JPG
耳の毛も短いワン!


う〜〜〜ん、若いです。

もちろん、そこには今とは違う私もいました・・・!!


そしてこれが(↓)昨年7月のパピちゃんの写真です。

DSC01516-1.JPG
知らぬ間に弟もできてた・・・

落ち着いたかと思いきや、弟の出現で身辺あわただしい
生活になってしまったけれど、意外と刺激があって
楽しくなったでしょう?


それにしても・・
7年という月日はあっというまで、まるで昨日のことのようにも
感じるのに、パピちゃんの写真の変化をみても、
また私自身を振り返っても、明らかに変化はあって、
長い時間だったのかなとしみじみ思います。


DSC02220.JPG

まだまだベビちゃんだと思っている欧ちゃんも、
今度会うときは大人っぽくなっているのかな?
お兄ちゃんの応援団もよろしくね。


ニックネーム vanillatea at 01:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 実家のパピちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

愛しのパピちゃん

こんにちワン。

今日は、実家のパピちゃんをご紹介しようと思います♪

今からかれこれ8年前、当時社会人1年生だった私は実家暮らしでした。
クリスマスが近づいたある日。
仕事を終えて家に戻ると夕飯が用意されていて、ふとテーブルの
上をみると

「犬をかってもいいですよ」

というメモ書きが!

慌てて父と母のほうを見ると、ニコニコと私のほうをみながら
うんうんと頷いていて。。

そのころ私は壁にぶつかることも多かったので、なんとなく
空気を変えてあげたいという親心だったのでしょうか。。

週末には父が運転して近くのペットショップに家族で行きました。

どの犬にしよう、などとはまだ考えていなくて、
下見のつもりでと入ったペットショップでした。

お店にはたくさんのワンコがいましたが、
ほとんどのワンちゃんがあいにくのお昼寝中でした。

ただ・・一匹だけものすごい勢いでこちらの猛烈アピールしている
ワンちゃんがいました。

ケースの扉を足でひっかいて「僕を見てみて〜」と言ってるかのように。

お店の人に出してもらうと、全身で喜びを表現しながら
尻尾を振り振り。

母はそのとき、どちらかというとすごく乗り気というわけではなくて、
抱っこしてみたら?と言っても、「私はいいわよ〜」という感じでしたが、父、私と抱っこしたので、母も仕方なく(?)抱っこをすると
ワンちゃんはさっきよりも一生懸命フリフリフリフリ・・。


その日。
私たち家族は、そのワンちゃん、パピヨンの男の子を我が家に迎えることを決めて、予約金を入れて戻りました。
帰ってから本を買って勉強し、ケージや毛布などを用意して次の日にお迎えに行きました。


名前は、パピちゃんになりました。

とにかくやんちゃで、振り回されっぱなしの毎日が始まったのですが、
パピちゃんがきてからいろいろと良い変化がたくさんありました。

2000年の年明けに、パピちゃんをみたいな〜と言って会社の先輩が我が家に遊びに来ました。パピはまだ3ヶ月ちょいくらいで、その先輩のズボンのすそをず〜〜〜っと舐め続け、すそがよだれでべちょべちょに。

それから9ヵ月後、私はその先輩と結婚しました。
1月に遊びに来たときには結婚するなんて全然考えもしていなかったけれど。。

その後、私は結婚して家をでたのですが、その1年後に実家の隣に
住むことになったので、またパピちゃんと暮らし始めたのです。

その半年後、今度はアメリカ行きが決まり・・夫もパピちゃんが大好きなので、この5年間ほぼ毎日パピちゃんの話題をし、ついには今年の2月に欧ちゃんが新しく仲間入りしたのでした。

いずれ日本に戻ったときには、また実家の隣に住むのでパピちゃんと欧ちゃんは一緒に暮らすことになります♪


先日日本に戻ったときに撮ったパピさん。
もうパピちゃん、というよりはパピおじさんですけど・・。

立派な オ・レ・サ・マ です♪

DSC01516-1.JPG
まだまだ若いもんには負けないぜ

そうそう、その意気よ!

DSC01528.JPG
おじさんブリッコも得意技だヨーン!

時々電話口から聞こえるあなたのキュンキュン泣きは
まだ赤ちゃん(であるはずの)欧ちゃんのそれとも
同じように聞こえますよ!

DSC01527.JPG
オレはケージにおさまる男じゃないんダー!
早く出してケローーー!!


立派にケージにおさまってるじゃないですか。。


欧ちゃんが日本に戻った暁には、ご対面があるわけなのですが
今からその瞬間を楽しみにしている家族一同です。



ニックネーム vanillatea at 03:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 実家のパピちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする